辛い湿疹や掻痒が出るアトピー性皮膚炎の要因としては、1.腸内・皮膚・肺・口腔内などによる細菌叢(フローラ)、2.遺伝的因子、3.食物の栄養、4.住環境、5.この他の考え方が主流となっている。
現代社会で生活していく身としては、体の内部には人体に良くない影響をもたらすケミカルな物質が蓄積され、その上自分の体内でも活性酸素が次々と作られていると言われている。
美白という概念は95年から99年頃に美容研究家の鈴木その子の活躍とともに流行したのは記憶に新しいが、それよりももっと昔からメラニン色素の沈着によるしみ対策に対し使用されていた。

皮膚の美白指向は、1990年代前半からすぐに女子高校生などに広がりを見せたガングロなど、不自然なぐらい過度に日焼けする渋谷系ギャル文化への批判ともとれる思いが入っているのだ。
デトックスという方法は、専用の栄養補助食品の使用や温泉などで、そんな体内の有害な毒素を体外へ排出しようとするテクニックのひとつとされているらしい。
アトピー性皮膚炎とは、いわゆるアレルギー症状と関係性があるものの中でも皮ふの慢性的な炎症(掻痒感など)が伴うものであり要は皮ふ過敏症の仲間だ。
紫外線を浴びて発生してしまったシミを薄くするよりも、大きくならないようにあらかじめ予防したり、お肌の奥に眠っているシミの補欠をシャットアウトすることの方が大切だということを知っていますか。
ことに夜10時〜2時までの240分の間は皮膚のゴールデンタイムで、皮膚の生まれ変わりが一番促進される時間帯です。

この240分の間に睡眠を取ることが何にも勝るスキンケアの手法だと考えています。