メイクの欠点:泣くとあたかも修羅のような恐ろしい形相になる。
僅かに間違えただけなのにケバくなってしまい地雷を踏む。
顔の造りをごまかすのには限界をかんじるという点。
例えば…今、パソコンを眺めつつ頬杖をついていたりしませんか?実はこの姿勢は手の圧力を直接ほっぺたに与えて、繊細なお肌に大きな負担をかけることに繋がるのでお勧めできません。
化粧の悪いところ:お肌への影響。
毎日の化粧が面倒だ。
化粧品を買う費用がやたらめったら嵩む。
メイクでお肌が荒れる。
何度もお化粧直しやメイクをする時間の無駄遣いだということ。
アイカラーなどのアイメイクを落とす時にきれいに落としたいあまりにゴシゴシこすってクレンジングした場合、目の周りの肌が荒れたり酷い場合は炎症を起こして色素沈着が発生し、目のクマの一因となります。

美容外科(Cosmetic Surgery)というのは、体の機能上の損壊や変形を矯正するよりも、専ら美意識に従って身体の外観の向上を図る医学の一つで、独立している標榜科だ。
「デトックス」術にはリスクや問題は本当にないと言えるのだろうか。
そもそも体に溜まってしまう「毒物」とは一体どのようなもので、その毒物とやらは「デトックス」の効果で排出できるのだろうか?そこで大多数の医師がまず使用するのが、美白美容液などに配合されているビタミンC誘導体である。
外用抗菌薬も併せて使用すれば6ヶ月くらいで快復に導くことができた事例が多いと考えられている。