形成外科とは違い美容外科が欠損や損壊のない健康体に外科的な施術を付加するという容貌重視の医療行為であるとはいえ、結局は安全性の確立があまりにも不十分であったことが大きな誘因だと考えられているのだ。
女性に親しまれているピーリングとは、時間の経ってしまった角質をピール(peel:皮を剥くの意味)し続けて、新しくて化粧ノリの良い角質に取り替えようとする人気の美容法なのです。

日本皮膚科学会の判定の目安は、@酷い掻痒感、A固有の皮疹とその分布場所、B慢性・反復性の経緯3つとも該当するものをアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と呼んでいる。
美容外科(Cosmetic Surgery)というのは、人間の体の機能上の欠損や変形部の矯正よりも、専ら美的感覚に従って体の容姿の改善を目指すという医学の一種であり、独立している標榜科目のひとつである。
日本皮膚科学会の判定指標は、@強い痒み、A固有の発疹とその場所、B慢性的で反復する経過、3項目全部該当する病気を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と言っています。

爪の生成行程は樹木の年輪のように刻まれる存在である為にその時点での健康状態が爪に表れることが多く、髪の毛と共通するようにすぐに目に入って気付きやすいため健康のバロメーターとも言われるのだ。
審美歯科(しんびしか)というのは、美しさに重きを置いたトータルな歯科医療のひとつ。